トレーラー免許難易度

男女

免許取得条件等

車両の後方にトレーラー(牽引車)を連結して走行するために必用な免許を牽引免許と言います。牽引免許は750kg以上の車両を牽引する場合に必要な免許で、普通、大型、大型特殊のいずれかの免許を取得していることが条件となります。(大型自動車は普通免許取得後でなければ取得できないので、普通免許取得が最低条件となります。)普通免許を取得している状況で牽引免許に合格すれば、普通牽引が可能ですが、大型牽引はできません。普通牽引は、キャンピングカーや船舶等の搬送を目的とした牽引等です。大型免許を取得している状況で牽引免許を取れば大型牽引が可能となり、タンクローリーや重量物等を搬送するトレーラー、トレーラートラックなどの運転が可能となります。空港で航空機をけん引する車両(トーイングトラクター)の運転ができ、飛行機の移動や押し出し作業(プッシュバック)の運転も可能となります。最近では2車両連結のバスが運行される地域がありますが、トレーラーバスの運転は牽引2種免許が必要で難易度も高いです。牽引免許は学科試験は無く、教習所で技能の卒業検定を受け合格するか、運転免許試験場で技能試験に合格しなければいけません。運転免許試験場で一発試験に合格することは極めて難しいため、教習所でトレーニングを受けることが良いでしょう。牽引車は後退時に運転席でのハンドル操作が真逆となり、右左折時に内輪差が大きくなるため、微妙なハンドル操作が難しいです。この資格を持つことで収入も上がり、職域も広がります。

Copyright© 2018 仕事に活用!牽引免許の取得メソッド【講習を受けた後に試験に臨む】 All Rights Reserved.