取得を検討している方に

免許証

取得の方法や流れ

車の免許を持っていれば荷台を連結して運転しても良いのでしょうか。普段運転する際は荷台を連結する機会は少ないですが、車両総重量が750Kg以上の自走しない状態の車を牽引する際は、牽引免許が必要です。普通に生活していて牽引する機会はほぼありませんが、仕事によっては必要な免許です。牽引免許が必要な仕事として多くの方が知っているダンプトレーラーらタンクローラー等を運転する方に必要です。免許取得方法は3種類あり、独学で受ける言わば一発試験も可能です。しかし合格率の低さから多くの方は教習所に通うか教習所が行っている合宿に参加する事を選択しています。教習所では決められた時間に通い、検定試験をクリアすれば牽引免許を取得できます。18歳以上が対象であり、定められたカリキュラムをこなした後に技能卒業試験に合格すれば、あとは運転免許センターで筆記試験を受けます。合格する事で牽引免許を取得できます。教習所が行う合宿は期間も短く費用も通学と同じかやや安い位です。基本的に寝泊りする部屋は相部屋ですが、希望により個室が可能です。ただし個室料金は発生します。合宿はある程度の休みをとれる方向けではありますが、牽引免許が必要な仕事を目指す方にはお得なプランも用意されています。この合宿期間中に大型免許も同時に取得できるプランや検定料や適性検査料、教材などをパックにした安いコースもあります。牽引免許は普通自動車免許の取得方法とほぼ同じであり、状況によって選択できます。

Copyright© 2018 仕事に活用!牽引免許の取得メソッド【講習を受けた後に試験に臨む】 All Rights Reserved.