広く使える

標識

牽引免許は仕事だけでなく、キャンピングトレーラーやボートの牽引といったアウトドアにも活かすことができます。資格取得にかかる費用も自動車免許よりも遥かに安いこともあり人気の資格となっています。そのため、もし、アウトドアを充実させたい場合や、仕事に活かしたい場合にもおすすめの資格であるといえます。

詳しく見る

荷台を牽引するためには

女性

試験に臨む複数の方法

自動車の運転免許のひとつに、牽引免許というものがあります。これは自走しない荷台を車に連結して走る為に必要な免許で、一般的な例としてキャリアカーやトレーラーなどが当てはまります。ただし、被牽引車の重量が750kgを超えない場合には、牽引免許は必要ありません。仕事や趣味などで、この牽引免許が必要になった場合には普通自動車免許や大型免許と同様に試験に合格する必要があります。また、当然ながら牽引する車を運転するための免許を予め取得しておかなくてはなりません。牽引免許を取得する為の試験には直接技能試験を受ける一発試験と呼ばれるものがあります。これは自分で独自に練習し、試験に臨む方法です。費用は試験手数料だけで済みますが、合格率は高くなく何度も受け直すことを考えるとかえって費用がかさむ結果になる可能性が高いです。そのため、自信がない方には他の免許と同じように公安委員会指定の自動車教習所に通って講習を受けた後に試験に臨む方法をお薦めします。プランや料金設定は教習所によって様々あり、上手に選べば費用を抑えることにも繋がるので、比較検討することが大事です。また、通いながら講習を受ける以外にも合宿をしながら講習を受ける方法も教習所によっては行っています。こちらは、通いながら講習を受けるよりも安価な場合が多く、時間も短縮できるので短期集中で免許を取得したい方にはお薦めです。牽引免許の取得を考えている方は参考にしてみてください。牽引免許だけを取得することも可能ですが、教習所によっては大型免許と牽引免許を同時に取得したり、大型特殊免許と牽引免許を同時に取得できるプランが用意されています。合宿で一度に複数種類の運転免許を取得すれば更に費用を安く抑えられるので、時間が取れる人はまとめて取得しておくといいでしょう。

Copyright© 2018 仕事に活用!牽引免許の取得メソッド【講習を受けた後に試験に臨む】 All Rights Reserved.